30~40代に現れるシミの正体!肝斑って知ってる??

 

 

みなさん肝斑って知っていますか?

 

シミと同じように思いがちですが、本当はちょっと違うんですよね~。

 

でも女性にとっては気になる存在!

今日は肝斑についてお話したいと思います。

 

 

肝斑の特徴

 

左右対称に現れるのが大きな特徴です。

顔の両側に左右対称にほぼ同じ形、大きさで発症するというもの。

 

目の周りを避けて、目の下を縁取るように現れるケースが多いです。

比較的広い範囲に、やや灰色味を帯びた淡褐色の境がはっきりしないぼやけた形で見えます。

なんかくすんでるなあ~って感じのシミが左右対称に出来たら肝斑かも!

 

一方、シミが現れる場所は左右対称ではなくバラつきがあり、境界線が比較的はっきりしています。

このようにそれぞれ特徴はあるものの、一見するとシミと区別がつきにくく、自分で判断するのは難しいとされています。

肌に現れた陰りが、シミなのか肝斑なのかによって治療内容も異なるため、ちゃんと診察を受けることをお勧めします!

 

 

 

肝斑と女性ホルモン

 

    
肝斑の原因は、女性ホルモンのバランスと密接に関係しています。

 

年齢では30~40歳代に発症することが多いです。

 

妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにできる場合があるほか、精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れることが影響することも。

 

特に妊娠したときや出産の前後は、特にホルモンの分泌が大きく変わります。
出産に向けてどんどん増えていく女性ホルモンは、分娩が終了すると急激に低下します。
体調やメンタルへの影響はもちろん、肌や髪の質にも影響することが多く、肝斑もその1つとして挙げられます。
出産に向けて濃くなり、分娩後は少しずつ薄くなっていくことが多いのです。

 

肝斑は、閉経して女性ホルモンの乱れが落ち着く50代後半以降になると自然に薄くなっていくという特徴があります。

薄くなる度合は個人差があり、人によっては完全に消えることも確認されています。


そのほかの原因としては、過度のマッサージやさわり癖、顔の施術など、物理的な刺激が原因の場合もあります。

紫外線は直接の原因とはなりませんが、紫外線を浴びることでさらに悪化をしてしまうため、しっかり日焼け対策をするなど注意が必要です!

 

 

治療方法

 

飲み薬(内服薬)

シミのもとであるメラニンを作り出すメラノサイトに働きかけ、色素沈着抑制効果を発揮して肝斑を改善するトラネキサム酸の内服がおすすめです!

 

トラネキサム酸に加えて、美白・抗酸化作用のあるビタミンC、血流改善・抗酸化作用のあるビタミンEを一緒に飲むとより効果的に。

肝斑への効果が表れるまでに、飲み始めてから2~6週間かかると言われているため、効果が実感できないからといって中止せずに服用を継続することが大切です!

 

医療用で服用する場合

よくある処方だと、

 

・トラネキサム酸:メラニンをつくりだす「メラノサイト」と呼ばれる細胞から、メラニンの生成を命ずる指示が出されます。

トラネキサム酸は、その情報伝達物質のひとつである「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの生成を抑えてくれるのです。

 

・シナール配合錠:ビタミンCとパントテン酸(ビタミンB5)を配合した錠剤。 

ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミ、そばかすができるのを防ぐとともに、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進します。

 

・ユベラ錠:ユベラは肌の代謝を良くしてターンオーバーを促進してくれます。

抗酸化作用もあるため、肌の細胞を紫外線などのダメージから守り、シミのできにくい肌を作り上げてくれます。

 

・ハイチオール:ハイチオールに含まれる有効成分は、L‐システインというアミノ酸です。

L‐システインはターンオーバーの正常化、代謝の促進、抗酸化作用があります。

 

これらを1日3回毎食後を1~3カ月で服用します。

すぐに効くというより徐々に効果が表れるという感じです。

 

OTCで服用する場合

 

・第一三共 ホワイトCクリア 

L-システイン、ビタミンCが、メラニンの生成を制御し無色化。
天然型ビタミンEが血行をよくし、さらにL-システイン、ビタミンB2・B6がターンオーバー(肌の新陳代謝)を促進し、メラニンの排出を早め、肌の正常な働きを保ちます。

 

・第一三共 トランシーノII

治りにくいとされてきたしみ、肝斑を改善する効果が認められたOTC医薬品。
8週間継続服用で、肝斑の高い改善効果が認められています。

肝斑に効くトラネキサム酸を配合したOTC医薬品です。
1回2錠、1日2回で続けやすく、わずらわしい昼間の服用がありません。

 

美容レーザー

 

肝斑のレーザー治療については、十分な注意が必要です。
これまで、行われていたレーザー治療は、出力が強く、肌に刺激を与えるものでした。


強い刺激を与えることで、肌の炎症が悪化し、シミが濃くなることがありました。

 

シミが濃くなる症状は、多くの場合、レーザー治療を受けてから数週間経った後に発生します。

炎症により一時的に肌内部のメラニン色素が増殖し、肌が黒ずんでしまうからです。


通常数ヵ月で消失しますが、肝斑では、この炎症後の色素沈着が強く出て長引く場合があります。

 

最近のレーザーは進化してるそうですが、

十分な説明を受けてから施術してもらってくださいね!

 

 

対策

 

普通のシミや肌荒れと同じく、生活習慣を見直し、ホルモンバランスを整えることが大切です!

 

睡眠を充分にとり、バランスのよい食生活を続けましょう。

また、ストレスは大敵!ストレスをためこまずに上手に解消する方法を見つけましょうね。

 

毎日を健康的におくることが、すこやかな肌を手に入れるためのポイントです!


基本として紫外線を避けることも大切です!

UV加工の帽子や衣服のほか、日焼け止めクリームなどでこまめに対策を行いましょう。

 

 

 

 

動画でも説明してますので是非💕

 

 

復習はこちらから
 

 

 

 

 

 

 

◆フェイスパックを発売するに至るストーリーをアップしています。 半年間かけた、素材の決定や処方内容の試行錯誤、試作、デザインなどの開発の流れを掲載しています。
一度ご覧いただいて、irokaの事を知っていただけたら嬉しいです
 
 
 ​​​  
 

 

 

 

 

フェイスパックのお買い求めはこちら↓

iroka公式ホームページ

iroka公式ライン

 

公式ライン限定でクーポン実施中です。

プレゼント企画の詳細はこちらから↓

コメントを残す