世界が注目!ロバミルク

 

 

irokaの商品開発第2弾!

ロバミルク配合のボディクリームに決定しました!

irokaは普通では取り扱っていない、

斬新で、ニッチで、予想外、

知る人ぞ知る良い物をポイントにしています。

第1弾フェイスパックはバイオセルロース!

第2弾はロバミルクがポイントとなっております♪

では、ロバミルクはどんな良さがあるのでしょうか??

みなさんロバミルクってイメージできますか??

ボディクリームの研究をしている際にロバミルクを見つけて、


えー!ロバ!?


と思って調べてみたらビックリ!

歴史の上でも重要な美容成分だったのです!!

今回はロバミルクの特徴や有効成分についてご説明します。

 

ロバミルクを使用した人々

 

◆古代エジプトの女王クレオパトラ7世は、肌を美しく保つために毎日ロバのミルクのお風呂に入っていたと言われています。


◆『医学の父』と呼ばれる古代ギリシャの医師ヒポクラテスは、肌を健やかに保つだけでなく、関節の痛みや傷の治癒、中毒症状の緩和などにも、ロバのミルクが有効であると語った、とされています。

 

他にも数々の歴史的重要人物がロバミルクを愛用していたんです!

めっちゃ長くなるので省略します!笑


 

ロバミルクの効果

 

ロバミルクには魅力的な成分がいっぱい!!

まず、成分が人間の母乳に近い!

テクスチャーや肌なじみも良くスキンケアにぴったりの素材です。

保湿効果が抜群で、肌がモチモチになります。


アレルギーを抑えて、ストレス等が原因による肌荒れの予防にも大変良いとされており、

肌のエイジングケアや乾燥肌にも保湿効果と抗酸化作用を発揮します。

ロバミルクを知って調べて、出てくる出てくる、ナイスな成分!

 

まるで成分の宝石箱や〜♡

 

って感じになりました!!笑

軽く紹介したいんですけど、どうしてもガッツリになるのでご了承下さい〜!

ロバミルクには

必須脂肪酸(オメガ3・6)、脂肪酸(オメガ9)・ミネラル・ビタミン(A, B1, B2, B6, C,D. E)など豊富な美容成分が多く含まれています!

ね!宝石箱♡

何がどう効くかをお伝えしますね〜

 

「オメガ3系」・「オメガ6系」:必須脂肪酸
 

ビタミンを吸収することでお肌にハリを与え、お肌のトラブルを予防する効果があると言われています。

「オメガ3系」は、肌の角質層で細胞と細胞の間でスポンジのように、

水分と油分を抱え込む役割を果たす、セラミドという細胞間脂質の材料になる。

そのため肌に塗布することで肌に弾力性を与えたり、

外部刺激からのバリアの機能を高めたりする効果があります!

「オメガ6系」は、「オメガ9系」と同様に保湿作用があるほか、局所的な消炎作用があります。

 

「オメガ9系」:「脂肪酸」
 

代表的な脂肪酸は、オリーブオイルに多く含まれている「オレイン酸」です。

人の皮脂の41%をこの「オレイン酸」が占めているため、

肌に付けた際に非常に肌なじみが良く、保湿作用があります。
  

ビタミン(A, B1, B2, B6, C,D,E)
 

ビタミンA

・古い角質層を除去してターンオーバーを促す作用

・コラーゲン・ヒアルロン酸の生成促進

・皮脂分泌のコントロール作用

 

ビタミンB1、B2、B6

・細胞の新陳代謝を活発化

・抗酸化作用

 

ビタミンC

・肌のコラーゲンを合成し肌のダメージを与える活性酸素を抑える

・肌荒れを防ぎます

・メラニン色素の沈着を防ぐのでしみ・そばかすを防ぐ

 

ビタミンD

・抗炎症作用

 

ビタミンE

・古い角質層を除去してターンオーバーを促す作用

・バリア機能が保たれることにより乾燥肌を防ぐ

 

ミネラル(カルシウム、リン等)
 

ミネラルも豊富に含まれているので、

古い角質を除去して肌を清潔にしてくれます。

 

これでもか!というほど嬉しい成分が含まれていて、無敵なんかな?と思っちゃいますよね〜♡♡

世界で注目されるロバミルク

 

今、世界中でロバミルクが注目を集めています!

ロバミルクの市場規模

2027年に6万8,139千米ドル到達見込み

 

ロバミルクの市場規模は、2019年には2万8,180千米ドル、2021年から2027年にかけて9.4%のCAGRを記録し、2027年には6万8,139千米ドルに達すると予測されています。

 

コロナ渦においてビタミンの含有量が多く、免疫力を高める効果があるなどの利点からロバのミルクの採用が増加し、市場の成長を促しているのです。

 

また富裕層に向けてのスキンケア用品としても大変注目されています。

 

【インド】

ロバミルクでスキンケア政府も研究所設立で支援
インド農業研究評議会(ICAR)のブペンドラ・ナス・トリパシー副会長(畜産学担当)によると、ロバミルクは国内で1リットル当たり2,000~7,000ルピーの高値で取引されている。栄養価が高く、薬効や美容効果も高いと注目されている。
 
広大な牧場で育てたロバから取れたミルクを元に、スキンケア製品を生産するベビー氏(同氏提供)
ロバミルクを使ったせっけんを販売する起業家のカウル氏
 
 

参考資料

 

 

 
 
ロバってすごい!

 

ロバについては知れば知るほど、凄いことがよくわかってきます。

 

ロバのミルクはもちろん、お肉も、皮もとても有用なものです。

皮は漢方の原料にもなっていて、中国では高値で取引されており、ロバの減少に拍車をかけているそうです!

 

ヨーロッパではロバミルクの石鹸がよく使われており、スキンケアを大切にしています。

 

日本ではあまり馴染みがないロバですが、お肌にとっては嬉しい効果がいっぱい!

ぜひみなさんもロバの魅力を楽しんでください♪

 

こちらはLEANOR BIOベビーケア用品↓

クレンジングウォーターにクレンジングミルク、保湿クリームと、赤ちゃんのデリケートな肌を守ってくれる低刺激の製品

 

Plantes&Parfums ロバミルクソープセット↓

ビタミンAからEまで、ミネラルもたっぷり含んだロバミルク配合のマイルドな泡立ちの石鹸。
全身にお使いいただけ、透明感あるお肌へ導きます。

 
 

動画でも説明してますので是非💕

 
 
 
復習はこちらから
 

 

 

 

 

★フェイスパックを発売するに至るストーリーをアップしています。 半年間かけた、素材の決定や処方内容の試行錯誤、試作、デザインなどの開発の流れを掲載しています。
一度ご覧いただいて、irokaの事を知っていただけたら嬉しいです
 
 ​​​  
 

 

 

 

 

フェイスパックのお買い求めはこちら↓

iroka公式ホームページ

iroka公式ライン

公式ライン限定でクーポン実施中です。

プレゼント企画の詳細はこちらから↓

Dejar un comentario